natural・デス

自然に還る整体

色々と述べれば述べるほど
感覚で捉えていることの真意より
言葉とした上辺が伝わってしまうことが
あるのだなと感じています。

極力、言葉にしているつもりですが
言葉にしていることが全てではなく
発信は一つでもお一人お一人
捉え方は様々だと思いますので
時には個別に対応することも
必要だと思っています。 
そんな中で

natural・デス

という立ち上げたものについて投稿します。
natural・デス=自然に死ぬ
ということです。

いつ死んでも後悔はない
と常々思っている私ですが
目の前に死がくれば
痛みで苦しむのは嫌だなと思います。
ですがある手術の経験から
そこに誰かの手当てがあれば
辛さが緩和されるだろうと思いました。

その根源を思い返すと
幼いときの喘息にあるように思います。

「死にたい」という言葉を
幼いときに両親の前で
たくさん発してきました。
喘息発作が出ると息を吸うことができず
呼吸ができず眠ることもできず
苦しくて辛くて
死んだほうがマシだと思ったからです。
今になり、親の気持ちを思うと
自分の小さな子供が
死にたいと言っている状況が
両親にとっても辛いことだっただろうと
申し訳ないと思います。
「死にたい」という言葉は
幼い頃に言い尽くしたようで
大人になるにつれ、「死にたい」より
「いつ死んでもいい」ように
後悔しない人生を送るようになりました。

また、喘息発作がでると
母が背中を撫で続けてくれました。
たいてい発作が出るのは
夜中から明け方でしたから
日中仕事をしていた母にしたら
疲れて体を休めている時に起こされるのは
辛かったはずです。
そんな母を起こして
母の手で背中を擦ってもらうと
不思議と息が楽になるような
安心がとてもありました。

長くなりましたが
そんな経験があり今の私の仕事にも繋がり
そして【natural・デス】にも繋がりました。

死んだ経験、記憶がほぼない私たちですから
「死」とはこうです!ということは
言えません。
ですが「死」というものを特別視せず
考えて眠れなくなるものではなく
人生の中に必ず訪れるものとして
もっと気楽に話す場があっても
いいなと思います。

また、私の仕事としては
お客様とは
良い状態に戻すだけではなく
死ぬまで生涯のお付き合いができること
自然に死ぬということを選んだ方に
STRを施すことができるようになります。

今はラジオアプリ「stand.fm」で
そんな配信をしていたり
お話会を開いたりしています。
こんな世界観でよろしければ
ぜひご参加くださいませ。

山の景色に例えてみて

ラジオ配信アプリに
「あなたの山の景色を教えて」と
録音し終えました。
もうすぐ配信予定です。

先日お会いした
STR東京のメンバーのお一人の先生が
出会った人の花が咲く瞬間を見ることが好き
とおっしゃっていました。

この言葉が通じる人、分かる人は
果たしてどのくらいいらっしゃるでしょうか?

私は私がたどり着いた今を山に例えます。
私が登った山を「整体山」と名付けてみましょう。

麓ではたくさんの人で賑わっています。
肩がこった、腰をやってしまった、むくみが辛い
そんなお客様に対して
ひどくこってるねー!頑張り過ぎだよ!
腰の痛みにはコレだよ!
オイルでむくみを流そうか!
などとあの手この手で様々な施術者たちが
お客様とのやり取りを楽しんでいます。
私も、目を引きそうなチラシを作ったり
あのお店にはないサービスを考えたりと
商いを楽しんでいました。

ところがある日
何かが引っかかりだしたのです。
腕のいい施術者さんたちはたくさんいる。
お客様も喜んで、頼りにしていらして下さる。
毎週、毎月、定期的に
疲れが溜まったお客様はやってくる。
その疲れを癒やす。
けれどこれはループしているだけで
誰かの役に立っているのだろうか、と。

そこで私は整体山の麓を出て
違和感の正体を探りに
登りだしたのです。

こんな道があるらしい
と事前に教えてくれた知人
途中で出会った
別のルート、別の山から登ってきた人と
時には情報交換をして
その人たちが登ってきた道を教えてもらい
だんだんと出会う人が交わる中で
私の違和感が解消されていき
どの道を辿ればいいのか
見えてくるようになりました。

登ってみると麓の景色も
ずいぶんと俯瞰して見えるようになり
同じ景色というその「景色」を
私が抱えていた「悩み」と置き換えてみると
遠目から見ることで少しずつ大きな悩みには
見えなくなってくるのでした。

そして登れば登るほど
高山植物のような
孤高で美しい自然と出会い
見たことがない景色を
見ることができるようになってきました。

時には疲れて整体山の途中で
休むこともありました。
道に迷って
誰かに教えてもらうこともあれば
なんとか自分で道を探し出すこともありました。
同じところに進む人と
一緒に歩くこともありました。

そして今たどり着いているここは
とてもとても美しい自然が見られる場所です。
私の違和感の答えがここにありました。
ここにいる人は
麓に比べるととても少ないけれど
みんなが同じ美しい景色を見ています。
同じ景色ですが
各々の目で各々の感性で
好きな角度から好きな場所から
この景色を見ています。

登れば誰でも見られる景色。
けれどこの山を知らなければ
そしてこの道を知らなければ
たどり着けない。
なので私はここの景色を
私から見たこの景色を
こうして文章にして、ラジオ音声として
表現してみようとしています。

ここにくれば
言葉はいらない。
そして
この景色を見た人としか
語れないこともある。
最初に書いた
「出会った人の花が咲く瞬間を見ることが好き」
もそのうちの一つでしょう。
整体と花
この繋がりが分かる人はきっと
この景色を知っている人。
今ここにいる人かもしれないですし
かつてここにいた人かもしれないです。

表現に努めますが
直接STRを受けてると
より分かりやすく
景色を見ることができます。
私のお客様の声がその一つでしょう。

美しい自然の中にいること
それが癒やされて豊かに生きることに
繋がることだと感じています。

STRとは

お客様から一番よく聞かれる質問です。
「STRとはなんでしょうか?」

手技の一つではあるのですが
インターネットで検索をしてもほぼこのSTRに関しての情報は出てきません。
理由の一つには【STR】というワードが他で使われすぎているからです。

もう一つの理由は
STRの施術概念は他ではないもので
とても優しい施術である「オステオパシー」よりさらに優しく
とても優しいが故に、STRの施術をされる先生方も
知って知って知って!!という押しの強さはなくエゴもないので
STRに関する情報が出てこないのだと思われます。

そして何より
STRは本質同士の触れ合いのように感じる日々ですが
STRの概念、STRについて
発信できる内容が限られているということもあります。

STR受講一期生の私も受講するに当たり
「STRって何ですか?」の質問に
「それを言うとSTRの全てになってしまうから言えないんだ」という回答をもらったほどです。

普通にインターネット検察ではなかなか出てこないSTRですが
SNSのインスタグラムやツイッターでは検索できます。
その場合ハッシュタグ(#)検索で
【STR東京】と検索してみてください。
内容はSTRの詳細に触れていないことが多いですが、どんな活動をしているのか、どんな先生がいるのか少しだけ覗けるかと思います。
各都道府県で活動しているSTRの先生がそのうち【STR○○】と続くとお住まいの地域で検索しやすそうですね!