リトリートとは

癒しの業界では「リトリート」というものが浸透し始めています。
まだ一般の方には認知されていないワードかと思います。
この「リトリート」の意味合いは日本においては幅広くなってくると思いますが、逃避、隠れ家、避難などの意味合いがあり、転地療法とも言われています。
今いる場所から距離的に離れること。
ストレスを抱えていることに潜在意識では気付いているものの、顕在意識の責任感からなかなかストレスを解消したりストレッサーというストレスの原因から離れることが出来ず、気付いた時には心が疲弊してしまい立ち直るまでに時間がかかってしまうこともあります。
逃げてはいけないという風潮がまだ残っていることも一つの要因だと思います。
ですが「逃げてもいいんだよ」という風潮が少しずつ浸透し始め、そのまた少しずつ逃げるという行動を起こせる人も出始めてきていることも感じ取れます。
生き物には闘争・逃走本能があり、闘うこともあるでしょうが生きるために逃げることを選ぶ必要もあります。
「リトリート」をするときに何となく「逃げる」とは言いたくない場合もあると思いますので、今いる場所から「距離を取る」という時間と捉えていいかと思います。
実際に自然豊かな海辺や森林の多い場所で「リトリート」する時間も贅沢で癒されますし、その時間は取れなくても当サロンのようなプライベート空間でマッサージを受けて疲れをリセットすることも「リトリート」になります。
「リトリート」という言葉がもっと浸透してきたときに定義が定められるかもしれませんが、安心して安全だと感じる場所でゆっくり日頃の疲れを癒す時間を私は「リトリート」と呼んでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA