見えないものはある、から怖い

どうしても身体のケアをしていると心のケアも必要になります。
感情という見えないものをマインドレッスンとしてお教えしてもいますが、見えている肉体という身体が整えば心も安定しますし、心が安定すれば身体が安定することもあります。
ここにお越し下さるお客様は見えないものがあることが分かっていたり、漠然とでも理解されているのですが、まだ世間では見えないものに対して恐れがあると感じています。
見えないものはたくさんあり、感情や心、人の気持ちもそうですが、ウイルスや電波もその一つです。
なんとか可視化したり数値化して理解できるよう頑張っている人もいますが、これは「ある」と分かっていながら信じきれないからこその行動ではないでしょうか。(もしくは「ある」ことを一生懸命証明しようとしてくださっているかです。)
顕在意識、潜在意識のお話になるとまた長くなりますので割愛しますが、頭のどこかでは見えないものがあることを理解しつつ、信じきれないかもしくは信じることで不都合が生じる何かしらがありそことのせめぎ合いで怖いという感情が発生しているのではないかと思います。
スピリチュアルという精神論も同じく、日本人こそ「〇〇精神」「〇〇魂」という言葉が身近にありながら、何故か言葉を変えたり深い話になると「信じられない」「怪しい」「怖い」という気持ちが先行する人もいます。
これもやはり意識の深い部分では理解しているはずですが、認めることで不都合が生じる何かがありそうです。
見えない=敵に変換し戦おうとしている人もいます。
敵にしてしまえば戦わざるを得なくなるので、勝つか負けるかの論争もおきややこしくなるだけです。
見えないものはある、けれど怖いものではなく当たり前のこと。
そう捉えて共存し受け入れてしまえばもっと身体の力も抜けた生き方になると実感していますので、変に怖がらず不安に思わずいきたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA