セラピストとはなに?

私の経歴上、肩書として「セラピスト」と名乗ったり「整体師」と名刺に書かれていたりしたことはありましたが、お客様から「セラピストさん」「整体師さん」と呼ばれたことがありません。
呼ばれるとしたら名前か「スタッフさん」「先生」でした。
セラピストと名乗ってもこの業界の人でない限りピンとくる職業ではないと思います。
私自身、聞いたことがあるワードだけれど具体的に何をしている人か想像がつかないとよく言われます。
「アロマテラピー」「ヘッドセラピー」「フィトテラピー」…「〇〇セラピー」というものが世の中にたくさんあり、好きに言葉もつくれるので、この業界にいる私でも具体的な施術が想像がつかない「セラピスト」さんもいます。
セラピー=療法なので、何かしらの療法家ということでしょう。
国の定めによれば「心身の緊張を手技を用いて癒す職業の人」がセラピストです。
国の定めがあることを知らないセラピストさんもまだまだ多いでしょうから、お客様からしたらなお更分からない職業でしょう。
独立をしてこうして様々な発信をするようになり、私が分かっている言葉で発信するだけでは伝わらないことが多いものだと実感していますが「セラピスト」というワードもその最たるもの一つだと思います。
これからも一回に留まらず色々な方向から「セラピスト」というものを発信していこうと思います。そのくらい「セラピスト」とは世の中で漠然としたものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA