治療家やカイロプラクターとは?

以前の記事で治療家さんやカイロプラクターさんなどは職業としてどこに当てはまるのか、と軽く触れました。
今回はここについて掘り下げてみようと思います。
日本社会の枠組みの中では、施術を行うには国家資格を持つ先生と国家資格がいらないリラクゼーション業を行うセラピストというものに分類されていますが、国家資格を持たなくても治療家と名乗る先生、もしくは国家資格を持っていながらもその資格を生かさず施術を行う先生もいらっしゃいます。
後者は鍼灸師の資格を持ちながら鍼は一切打たず手技だけを行う先生や、柔道整復師の資格を持ちながら整骨院ではなく治療院として骨接ぎの仕事ではない手技を用いる先生などです。
前者は「治療」家と名乗ることでお客様からすると「治してくれる人」に見られますが、国の定めでは治してはいけない人です。
カイロプラクターさんもお客様の中では「治してくれる人」に入るのではないでしょうか?
私の周りには治療家の先生が多いのですが、実際のところ先生方がどのくくりとして自らを分類しているのかもしくはそこに思うところがないのかなど直接お聞きしたことがありません。
大抵の治療家の先生方は自らの手技にこだわりがあり、今ここで触れているようなことに興味を示さないか独自の言い分を持っているだろうなと勝手に推察しているからです。
違法なことをしていると捕まってしまう可能性はありますので開業する以上はその点においてお客様の迷惑にならないようしていかなくてはと思います。
ただ。
私自身が自分の身体をケアしてもらう時は治療家の先生にお願いしたいです。
法律云々は理解した上で身体のことを思うと、独自の臨床を重ねてきた治療家の先生が一番信頼できます。
この業界を知らなければ「違法だ」で終わってしまうものですが、どんな知識を持ちどんな経験を経てどんな臨床を重ねてきたのかを知れば知るほど病院でもなく国家資格の治療法でもなく、自分の身体を自分でも感じながらケアできる治療家の先生にサポートというケアをお願いしたいと思うのです。
最近では治療家の先生方も「セラピスト」と呼び方を変えてきている傾向にありますので、本心では法を守りながらずっと居続けて欲しいものだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA