スポーツ選手のよう

セラピストという仕事も対価を頂く以上プロなのですが、私の実体験上その意識がないままお給料を頂く人が多かったなと思います。
もちろん私もその一人でしたが(+_+)
波動だとかエネルギーだとか見えないけれど確実にあるという部分の詳細は割愛しつつ、自分以外のエネルギー体と触れ合うのは確かなことで、より自分というものを整えておかないとその時の最善に繋がらないということが独立してから身に沁みました。
スポーツ選手と同じく、常に練習が必要ですし、常に自分を整えることに向上心を持つことがセラピストにとっても大切です。
昨年ラグビーワールドカップの際にイングランド代表チームの練習を見学させて頂ける機会がありましたが、キックの精密機械と言われる選手は最後までキックの練習に余念がなかったことが印象的でした。
とにかく日々、一日一日同じことを繰り返しその日のベストを行うこと。これはプロである以上どの職業でも共通することなのだと改めて認識した次第です。
お客様がご来店されるギリギリまでスマートフォンでネットサーフィンだとか同僚とお喋りだとか、お客様がいらっしゃるまでお名前さえ憶えないだとか、そんなセラピストが多いものですが、プロとしての意識を持つと楽しみ方がグンと上がるなぁと日々感じています。
自分を整えていれば必然的にお客様とも最善のエネルギー交換となり、軸を持って接していれば不調を持っていらっしゃるお客様にも軸ができてきます。
何より、セラピスト自身がリラックスしていることでお客様も自然に緊張から解放されていきますし、ご来店前から不調を感じなくなっている場合もよくあることです。
私自身穏やかな表情に戻っていくお客様の姿を拝見できることが幸せです(*^^*)
手技ができるだけでセラピストになった、と思わず日々もセラピストとして楽しむことでお客様とも最善の循環が生まれていくこと。これからもここをもっと突き詰めていこうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA